title-backcolor

素人の作るHTML&Wordpress

Coder and BiginnerCoder and Biginner

getElementById(

iPadで画像加工するアプリ

2014-05-27

最近、iPadで利用する画像処理のアプリをいくつか手に入れたので紹介です。

良く似た機能とか、目新しい物とかあるので、やりたい事に合わせて選ぶまでにちょっと時間がかかりそう。
以前にも記事にしたアプリもありますが、まとめて5つ。

1.Skitch – Evernote

george

こんな写真を撮った時、ちょっと操作するだけで、文字なんかが簡単に入れられます。

george2

2.Adobe Photoshop Touch – Adobe

ps

右上の部分で画像の加工が出来ます。右下はレイヤー。
photoshopを使っている場合、だいたいの事は見れば分かると思います。ただ! この出来上がった画像をphotoshopに持って行っても、レイヤーはなくなってしまいます。ここが、不便だな・・・・・。

ps2

全体的にスケッチ風にして、少し色を黄色っぽくしました。

3.iPhoto – Apple

Macを使っていると、写真はiPhotoを使っていると思いますが、基本的に同じ事が出来ます。色合いを変えたり、トリーミングしたり・・・・簡単な処理ならこれで事足りますね。

iPhoto1

上のようにおもちゃっぽくしてみたり、下のようにモノトーンにしてみたり。

iphoto2

4.PhotoPower – XING YAN

Photoshop Touchと使い方は、どうでしょう。こっちの方が直感的に作業出来るかも?

power1

右下の赤丸にある羽をタップして、スケッチを選びます。

power2

スケッチの雰囲気がPhotoshop Touchとは違います。こんなのお好みですね。
レイヤーの機能らしき物は無いですが、右上の赤で囲ってある四角い部分をタップ。すると・・・・・

power3

透明度が変えられます。なので、透明度を下げると、元々の画像が見えてくるので、好みの部分で止めます。
最後に少し色を変えてみます。

power4

少し赤っぽくしてみました。

power5

5.Stackables for iPad – Samer Azzam

こんなモノトーンな所から始まります。撮った写真を加工するので右上の部分をタップしてから、加工したい写真を選びます。

stackables1

このアプリは、画面に全部見えているので使いやすいかも。上の6つのボタンからやりたい作業を選ぶと、右側にどういうのにするのか結構たくさん出てくるので、選ぶだけ。

stackables2

画像の彩度や色合いを変えるのであれば、iPhotoより面白く出来そう。

stackables3

Photoshop Touchが一番細かくいろんな事ができる(adobeが出しているので当たり前か・・・)けど、簡単に似た事が出来るのが「PhotoPower」かな?
画像の明るさや雰囲気を変えるだけでいいのなら、「iPhoto」より「Stackables」だと思われますが、現段階で無料のアプリは、「iPhoto」と「Skitch」だったと思います。他のはお昼のiPadアプリ無料セールでgetしたんですよね。
App Bankで毎日情報更新されているので、チェックしてみてください★

—Comments—

何かあれば、メッセージをどうぞ

Up